東大電気系(eeic)の人気の変遷をたどる

この記事はeeicアドベントカレンダーの2日目の記事です。ただしこのアドベントカレンダーは12/3から開始したので、後から12/2の枠を埋めるものとして12/11に公表しています。

(注意)

やたらと長いので、結論を先に読みたい方は「まとめ」からどうぞ。

(追記)

2015-12-11-18:15

図を一部修正しました。

目的

eeic(東京大学電気電子工学科・電子情報工学科)の志望者数・志望倍率・進振り点などをさかのぼることによってeeicに対する学生の人気や社会からのニーズの変遷をたどります。

背景・用語説明

eeicとは

eeicとは東京大学電気電子工学科・電子情報工学科の愛称です。英語の"Department of Electrical and Electronic Engineering"(電気電子工学科)と"Department of Information and Communication Engineering"(電子情報工学科)の頭文字に由来しています。この2つの学科はまとめて電気系と呼ばれることも多いです。

この記事ではeeicの前身である電気工学科や電子工学科、工部大学校電信科などや、直接の前身ではないものの工学部と深い関係を持っていた第二工学部電気工学科も含めてeeicと呼ぶことにします。

eeicの歴史

f:id:nakachan94:20151211181436p:plain

eeicの原点は1871年に設立された工部省工部寮電信科です。工部寮とは当時殖産興業を担っていた工部省が技術者を育成するために設立した教育施設です。その後1877年に工部寮は工部大学校に改名し、1884年には電信科が電気工学科へと名称変更を変更します。

工部省が1885年に廃止されたことから、工部大学校も当時の文部省管轄の東京大学と合併することとなり、1886年には帝国大学が設立されます。工部大学校電気工学科は帝国大学工科大学電気工学科になりました(当時の工科大学は現在の工学部に相当する)。

時は昭和に移り、1941年に太平洋戦争が開戦すると技術者の育成が急務となったことから1942年に第二工学部が設立され、その一部として第二工学部電気工学科が設置されます。ですが、終戦後の1950年には入試を停止し、1951年に廃止されます。

その後、電気に関する研究が通信、電子、情報分野へと拡大していったことから、1958年に電子工学科が、1991年には電子情報工学科が新設されます。2009年に電子工学科と電気工学科を統合して電気電子工学科が設立され現在に至っています。

学制について

f:id:nakachan94:20151211175042p:plain

戦前の大学は3年制で、専門課程しかありませんでした。毎年3月に入試が行われ、4月に入学します。

戦後に学制改革が行われ、旧制高校(旧第一高等学校)と旧制大学(旧東京帝国大学)が統合され新制大学(現東京大学)が設立し、最初の2年間に教養学部で学んだ後、次の2年間で専門課程を学ぶという現在の形になりました。 どの専門課程に進むかを決定するのが進学振り分けです。進学振り分けは2年生の8月から10月の間に行われます。

手法

調べる指標

以上の指標を調べます。

卒業者数、進振り定員は学科の規模をはかるのに用います。

志望者数は学生からの人気をはかるのに用います。また東京帝国大学の合格者数や進振りの定員と組み合わせることによって志望倍率を算出することが可能です。

また進振り底点も調べます。進振り底点とは東京大学で毎年行われている進学振り分け(詳しくはこちらを参照)で学科に進学するのに必要な点数です。 進振り点と学生からの人気はある程度連動すると考えられています。

進振り底点は学生から親しまれていますが、進振り底点のデータは1970年代以降のものしか残されていないこと、進学振り分けの制度は数年に一度変更されており進振り点を単純に比較することは困難であることから、今回は参考資料として用います。

結果

はじめにeeicの人数的規模の推移を確認したあとに志望者数の変遷をみます。

卒業者数、定員推移

f:id:nakachan94:20151207022903p:plain

上に示すのが年度別の卒業者数と進振りの定員です。卒業者数は1年度前(旧制大学では2年度前)の進学者数とほぼ等しいことから、卒業者数は旧制大学(3年制)で2年度、新制大学(専門課程2年制)で1年度前にずらして表示する(例:1900年度卒業者数は1898年度に、1970年度卒業者数は1969年度にプロット)ことで、各年度の進学者を推定しています。

卒業者数や定員は第二次大戦や電子工学科、電子情報工学科設置によって大きく伸びていることが分かります。

志望者数、志望倍率、進振り点推移

f:id:nakachan94:20151207040537p:plain f:id:nakachan94:20151207040547p:plain

戦前の志望倍率は2倍から3倍程度です。ただ工学部全体の倍率もこの程度なので、電気工学科が特別人気というわけではありません。

戦後、電気工学科・電子工学科の志望倍率は1倍超えをキープし、1979年度進振りにおいては志望者数167人、志望倍率1.96倍をマークします。その後志望者数はある程度落ち着くものの1990年代にはまた増加し、1999年度進振りでは志望者数が190人に達します。

しかし、2000年代に入ると志望者数が急激に減少し、志望倍率が1.0を切るのが常態化します。2011年度進振りでは志望者数が70人と、最も多かった時の4割以下に減少します。

その後、志望者数は回復し、2014年度進振りから2016年度進振りにかけては志望倍率が1.0倍を超えています。

f:id:nakachan94:20151207040600p:plain

1990年代には基本的に底がつき、進振り点は60点から70点程度で推移しています。2000年代ではほぼ全ての年で底割れが起きていますが、2010年代に入ってからは2012年度から2016年度にかけて5年連続で底割れを回避しています。

考察

以上のデータを元にeeicの歴史を以下の時代に区分することを試みます。

超超エリート時代(1877-1893)

この時代のeeic卒業者は年間数人に限られており、この期間を通算しても45人の卒業生しかいません。 さらに、当時大学は帝国大学以外には存在しなかったことを考慮すると、この時代のeeic卒業生は大学で電気工学を学んだ極めて稀有な存在であり、文字通り日本をリードする超超エリートです。

工学部の平凡?学科時代(1894-1938)

明治・大正の人気はわかりませんが、昭和の戦前期において人気学科は航空学科や機械工学科であり、電気工学科は必ずしも人気学科ではありません。倍率は2倍を超えているものの、それは帝国大学の工学部だからであり、電気工学科が特に人気ではありませんでした。

戦時体制と戦後の混乱期(1939-1952)

1937年に日中戦争が始まると、技術者育成の機運が高まり1939年、1940年には工学部の臨時増員が、1942年には第二工学部の設置が行われ、電気工学科の定員がほぼ倍に増加します。終戦後は学制の改正により旧制高校卒業生と新制高校卒業生が入り交じるなど混乱しながらも進学振り分けなどの新しい制度も導入されました。

また戦中には電気工学科内で従来の電力分野に重点の置かれた体制から変化し通信工学の補強が行われました。

電子工学の隆盛(1953-1980)

1950年代以降はトランジスタ集積回路の発明によって電子工学という分野が開拓されます。電気系でも1958年に電子工学科が新設され、定員がほぼ倍になりました。志望者数は倍以上になり1979年度進振りでは志望倍率1.96倍をマークします。当時の電子工学の人気がうかがえます。

情報工学の発展とITバブル(1981-2000)

1980年代に入ると志望者数の増加は沈静化します。しかし1980年代後半から電気系に情報工学という新たな波が到来します。1991年の電子情報工学科の新設に伴い定員は5割近く増加します。また志望者数も増加し1999年度進振りでは190人に達します。現在では1990年代はITバブルの時代として知られていますが、電気系でもITバブルが起きたようです。

電気系の(学生からの人気が)暗黒時代(2001-2011)

ITバブル崩壊以後、電気系の志望者は急激に減少します。しかし、社会や国からのニーズが著しく減少したわけではないらしく、定員も急激に減ったわけではありませんでした。このような学生と社会のミスマッチが顕在化したことに対して教員陣も大変苦しんだらしく、このような記事が残っています。

business.nikkeibp.co.jp

また中にいる学生もあまりに人気が無さすぎるということでどうすれば人気が上がるのかという議論も起こっていました。

togetter.com

人気回復期(2012-)

2009年に電気工学科と電子工学科を統合して電気電子工学科を設立し、また五月祭において学生主体での展示に力を入れるなどの努力の結果、2012年以降、志望者数は回復し底割れを回避しています。

まとめ

  • 戦後、20世紀の間、電気系学科は電子工学、情報工学の追い風にのって常に人気学科でした
  • しかし、21世紀に入ってから急激に志望者が減り、底割れが常態化していました
  • 2012年以降志望者数は増えており久々に底割れを回避しています

ここまで長々とeeicの歴史について探ってきましたが、いかがでしたでしょうか。

このように歴史の長いeeicですが、頭のかたい保守的な学科ではなく、毎年のように新しいことが行われています。授業も様々な分野にわたって興味深い講義が展開されています。学生もユニークで面白い人ばかりです。eeicアドベントカレンダーではその一端が伺えると思いますので、興味をもったら #進振りはeeicへ 。

参考資料

志望者数や志望倍率の集計には年代ごとに以下の5つの資料を利用しました。これらの文献・サイトを編集された方々、および収集・保存・公開を行なった図書館の方々に感謝申し上げます。

明治から昭和(1970年代まで)

東京大学百年史に記載されている学科別卒業者数から年度ごとの卒業者数

東京大学百年史 | 東京大学

東京大学百年史は、1970年代までの東京大学の歴史や統計資料が詳しく載っており、東京大学の歴史を調べたい方には必見の資料です。

昭和(戦前)

帝国大学新聞の高校別東大入学者数から年度ごとの志望者数と入学者数

帝國大學新聞 (帝國大学新聞社): 1920|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

戦前の資料としては1920年創刊の帝国大学新聞を利用しました。昭和初めから昭和16年まで、毎年入試結果発表後に高校別入学者数を集計し発表していました(今と考えてることが変わらない…)。戦況が悪化し紙面が少なくなった影響からか昭和17年以降は発表されなくなりました。

昭和・平成初期(戦後、1951-1990)

教養学部報の進学振り分け第一次集計から年度ごとの志望者数と定員

教養学部報 - 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部

現在は進学情報センターニュースに掲載されている進振り志望集計ですが、1951年から1990年までは教養学部報に掲載されていました。

平成(1991-)

東京大学新聞の進振り特集から年度ごとの第一次集計段階の志望者数、定員、進振り

www.todaishimbun.org

現在では毎年充実の進振り情報を提供してくださる東京大学新聞ですが、進振り特集が充実しはじめたのは1970年代以降でした。1990年代には今とほぼ同様のフォーマットになりました。

平成(2008-)

UTaisaku-Webより進振り

進学振分けとは? - 東大進振り情報サイト UTaisaku-Web

ネット上で最も充実した進振り情報が載っているのはこのサイトです。