木を見て森も見よ(大学院の会計の授業を受けての感想)

【注意】これはポエムです。

2017年度のS1タームに経済学研究科で開講されていた入門レベルの企業会計の授業を受けてきました。自分なりに面白かったのでその感想をつらつら書いていきます。

1. 会計は意外と演繹的

会計は多くの仕訳を覚えていくだけで面白いのかなあと思っていたこともありました。

実際そういう側面があることは否めないのですが、大学院の授業ということで各仕訳が採用されている趣旨も授業で取扱いました。またそれらの仕訳の趣旨が場当たり的なものではなく、発生、実現、対応の3原則や保守主義などの会計的な原則や主義に基づいていることを知りました。その意味で会計は意外と演繹的なのだと思いました。

2. 会計は「伝える」ことが目的

会計というと金勘定のイメージが強いかもしれません。

しかし国際標準の会計基準であるIFRS(International Financial Reporting Standards、国際財務報告基準)で、「財務報告」という言葉が使われていることからも分かるように、会計(財務会計)の目的は投資家や利害関係者に情報を「伝える(報告する)」ことによって適切な投資意思決定や利害調整を行えるようにすることです。

授業でも投資家がその情報を受け取ることによりどのような判断をするかまでを考えて、会計基準について話していたのが印象的でした。

3. 細部が重要

会計は細部が重要です。一般の人が知らないようなアドバンスドな細部が利益を大きく変化させてしまうことがあります。

例えば減損会計は簿記2級の商業会計では扱わないアドバンスドな内容ですが、巨額損失の大部分はこの減損という仕組みに由来していることが多いです。

また最近話題の「のれんの減損」はこの減損会計の応用版として登場します。のれんは日本基準、米国基準、IFRS会計基準の差とも絡んで面倒な論点となっていますが、利益に重大な影響を与えます。

さらに税効果会計も企業行動や利益に大きな影響をおよぼしますが、これもまた簿記2級では出てこない内容です。

このようにアドバンスドな細部が利益に重大な影響を及ぼすことがあり、細かい会計規則とその意味を覚えることも重要となることがあります。

4. システム全体で見ることも大切

ただしいくら細部が大事だからといっても、時にはシステム全体を見なければいけないことも再認識しました。

会計は会計基準だけでなりたっているわけではなく、税務や監査、証券市場の自主規制、投資家の投資リテラシーなどの様々なことがらが絡んでいます。

会計上である問題が起きたときに、会計基準だけでなんとかしようとするのではなく(当然その努力は必要なのですが)、周囲の環境も含めて変えていくことが必要なのではないかと思いました。「木を見て森を見よ」です。

5. 会計は変化する

複式簿記が出来たのは約500年前のことと言われており、会計はそれからあまり変化していないとも言われていたりします。

しかし実際には、時代に応じて会計は断続的に変化していることを理解しました。最近の主な変更として、ほんの10年前に減損会計が導入されたということを知り、意外と変わっていくのだなあと思いました。

将来も情報通信技術の進化やグローバル化の進展によって会計基準や監査、税務などが変化をしていくことになると考えています。

6. 会計は人生を左右する

会計で計算される利益が企業の実力を適切に表すものとなることの重要性を改めて認識しました。企業の価値が大きく評価され過ぎたら…バブルが起きてバブル崩壊後の経済に大きな悪影響を及ぼすでしょう。逆に企業の価値が小さく評価され過ぎたら…不要なリストラが行われ、本来悲しむ必要がなかった従業員や家族の生活を悪化させてしまうかもしれません。このように会計は人生を左右するものであることを強調されていたことが印象に残りました。

まとめ

全体を通じて、自分が受けた大学院の企業会計の授業は面白かったです。財務諸表を作成し監査する側の立場から学ぶ普段の会計士の講義も良いのですが、微妙に異なる視点、つまり基準の作成者や会計情報を利用する人の視点から会計について学ぶことができたのは良かったです。

私が公認会計士を目指す18の理由

みなさま、卒論の進捗いかがでしょうか。私は第1稿をなんとか書き上げたところです。

ところで、私は公認会計士を目指して勉強することにしましたので、初心を忘れないためにもなぜ公認会計士を目指すことにしたのかをつらつらと書いて行きます。

今後やりたいこと

1. 好きなことのプロフェッショナルになりたい

中学生の頃から経済と数字が好きでした。学部は工学部でしたが、大学生の間も経済への関心が薄れることがほとんどありませんでした。親や友人からも、「経済が好きなんだね」と言われます。その好きなことを極めて職業に出来れば幸せなんじゃないかと思いました。

2. 好きなことを極められないのが苦痛

1.の裏返しです。技術職に就職すると勉強すべきことは経済ではなく技術になってしまいます。もちろん独学で経済を学ぶことは出来ますが、独学にはやはり限度があり、プロの方を超えることは難しいです。好きなのに得意じゃないことが出来てしまうのは、自分の中でもどかしく許せない気持ちになってしまう気がしました。

3. 様々な企業のお金、人、物、サービスの動きを知りたい

監査法人に入れれば、色々な企業のお金の流れはもちろんその流れを支えるお金、人、物、サービスの動きを知ることが出来ると思っています。社会や企業に対する好奇心が強いほうだと思うので、それは非常に面白いのではないかと期待しています。

4. 経済に強く結びついて貢献できる仕事につきたい

公認会計士のビジネスフィールドは経済に強く結びついて貢献できる仕事が多いです。自分は経済・社会に貢献したいという志向が比較的強い気がしているので、興味深い仕事が出来るのではないかと思っています。

5. どちらかと言えば従業員ではなく経営側に回りたい

日本でも今後アメリカのように従業員と経営側の格差が広がると考えられる。そうなったときに備えて、自らに適性があれば経営側に回りたいと考えています。

6. 長期間努力して成果を出した経験が欲しい

大学入試も本気で勉強したのは1ヶ月程度でしたし、気象予報士も数ヶ月しか勉強せずに受かってしまいました。1年以上努力を続けて成果を出した経験に乏しいので、そのようなことを経験したいです。

7. 経営の力で半導体産業を救いたい

半導体産業は今でもハイテク産業であり、重要な知識集約型産業です。半導体の設計は知的財産の塊であり、製造は人件費の少ない先進国向けの製造業です。日本の生産性を引き上げるためには半導体産業が復興することが重要であると考えています。

日本の半導体産業が衰退してしまったのは、製造技術、設計技術が劣っているからではなく、それらをマネジメントする能力が低かったからではないか、それを解決するのは技術を支える経営の力なのではないかと考えています。

8. 東京で仕事がしたい

3年生から4年生の間に東京で一人暮らしをしていましたが、東京はいい街です。できれば東京で仕事ができたらいいなあと思っています。

今まで経験してきたこと

9. 色々な団体の会計をしてきて楽しかった

大学生のときに計3団体の会計を担当しました。面倒なこともたくさんありましたが、組織のお金の動きが詳細に分かり、さらにそこから人や物の動きが見えることが非常に面白かったです。監査法人に入れば、仕事としてこのようなことが出来るのではないかと期待しています。

競争環境

10. 理系(数字が強い人)は重宝される

公認会計士では理系(数字に強い人)が重宝されるそうです。自分が数字にとても強いとは思えないのですが、理系なので文系の人よりは強いのかなと思います。

11. エンジニアは経営に関わりにくい

技術者として就職すると経営には関わりにくいそうです(日立の元社長は工学部出身なので、必ずしもそうではないような気もしますが)。会計士の資格を取ったほうが経営に関わりやすいのかなと思います。

12. 人材の流動性が高く、かつニーズが強い資格

会計士のマーケットは人材の流動性が高く、また全体的に需要が高いマーケットだと言われています。1つの企業に定年まで勤められるという意味での安定性もあると思いますが、市場価値(とはなんぞやという議論もあるがとりあえず置いといて)を高めて転職しやすくするという方向での安定性の確保のやりかたもあるのかなと思います。

13. 1つの技術・分野に依存しなく、比較的安定している

1つの技術に集中していると、技術の栄枯盛衰に左右されますが、会計士の業務(特に監査業務)は株式会社が存在する限りは仕事が存在するので比較的安定しています。ポートフォリオバランスが取れるとも言えるのかもしれません。

14. 日本人が求められているグローバルな市場?

日本市場は基本的に縮小していくのでグローバルに活躍したいので思っているのですが、日本人が必要とされていない市場には出たくはありません。日本国内の市場は縮小しますが、日本企業はM&Aなどを通して海外市場に進出しており、その監査を行う日本人会計士もグローバルに活躍できる余地があるのではないかと考えています。

あまり向いていない(ような気がする)こと

以下の3項目を避けるために会計士を目指すという少し後ろ向きな理由。

15. 面接にウェイトがおかれた就活

コミュ障なので、面接は向いていません(多分)。試験のほうが得意なので、試験で就職先がほぼ確保出来る資格は魅力的です。

16. 営業

コミュ障だk(ry 普通に文系就職したら即死する。

17. ものづくり

ものを作るよりも何かを知るほうに興味が向いている気がします。工学や技術分野ではものを作ってなんぼなので、ものを作ることへの興味が薄いのは致命的かもしれません(悲観的すぎるかな?)。

おまけ

18. 17個も理由が思い浮かぶのに挑戦しなかったら一生後悔する

公認会計士になりたい理由が17個もサクッと出てきたのに、挑戦しなかったら一生後悔する気がします。

まとめ

色々書いてきましたが、1番の理由は経済と数字が好きだからですね……

意識が高いことを書いてきましたが、試験に受からないと戯言になってしまうので、道のりは厳しいと思いますが、頑張って勉強して2018年度の公認会計士試験に合格したいと思います。

半導体の入門者が世界半導体ランキングについて調べてみた(2/2)

前回に引き続き、半導体世界ランキングに出てくる企業について調べてみた。今回は11位から20位まで。

nakachan.hatenablog.jp

11位 STMicroelectronics(スイス)

欧州のSTMicroelectronicsが11位。アナログ・車・マイコンが稼ぎ頭。デジタル製品の収益性が問題。

STMicroelectronics | Investor Information | Investor Relations

12位 Infineon Technologies(ドイツ)

1999年にシーメンスから分離独立して誕生した半導体専業メーカー。自動車向け半導体世界第2位、パワー半導体世界第1位。売上も自動車向けとパワー半導体で7割以上を占める。

www.infineon.com

13位 Apple(アメリカ)

まさかのAppleが登場。半導体を他社向けに販売しているのではなく、自社向けのiPhoneiPadに使用される「A◯チップ」の設計を行なっている。iPhoneの販売台数が膨大であるため、それに必要な半導体の個数も多くなりトップ20入りを果たした。

investor.apple.com

14位 MediaTek(台湾)

消費者向けSoC大手のMediaTekスマホタブレットウェアラブル端末、TV、DVD向けのチップや、Wi-FiBluetoothGPSNFCなどの無線チップなどの設計を行っている。

www.mediatek.com

15位 ルネサスエレクトロニクス(日本)

自動車向け半導体メーカー世界第3位(1位はNXP Semiconductors、2位はInfineon Technologies)。日立、三菱電機NECのSoC部門を分離して誕生した。2013年に産業革新機構に救済され、経営再建中。現在の主力は自動車・産業用向けマイコン。弱みのアナログ半導体を補完するため、米半導体メーカーのインターシルを2016年9月に買収することを発表した。

www.renesas.com

16位 ソニー(日本)

CMOSイメージセンサー世界最大手(金額ベース)。アップルやサムスン、中国のスマホメーカーなど世界中のスマホメーカーにイメージセンサーを提供している。

www.sony.co.jp

17位 SanDisk(アメリカ)

NANDフラッシュメモリ大手のSanDisk東芝と合弁を組んでいる。2016年5月にHDD大手Western Digitalに買収された。

www.sandisk.co.jp

Western Digital Corporation - Investor Relations

18位 nVidia(アメリカ)

GPU大手のnVidiaが登場。現在、CPUの内部にGPUの機能が含まれていることが多いため、一般消費者向けは今や主力ではない。現在の主力はゲーミング用途、プロ用途(3D CADなど)、データセンター用途、自動車用途。一般消費者向けがほぼ消滅したのにも関わらず、売上は上昇傾向。

investor.nvidia.com

19位 AMD(アメリカ)

CPU、GPUシェア第2位のAMD。またPS4、Xbox OneWii UのAPUやGPUに採用されている。ゲーミング用途、データセンター用途、組み込み用途が主力。ただ赤字が続いており、2016年、2017年に投入する新アーキテクチャで巻き返しを図る。

quarterlyearnings.amd.com

20位 ON Semiconductor(アメリカ)

自動車・産業・航空向けアナログ半導体、パワー半導体に強い半導体メーカー。2011年に三洋半導体、2016年にFairchild Semiconductorを買収した。

オン・セミコンダクター投資関連 - ONNN

まとめ

事業

トップ20にはロジック、メモリ、通信、アナログ、イメージセンサなど様々な事業を営んでいる企業が登場し、特にこの分野が多いということはなかった。しいて言うならば、トップ10のうち4社がメモリ関連であった。これはメモリ大手がファブレスではなく工場・設計・販売の垂直統合型の事業であり、設備投資に莫大な負担がかかるため、現在ではDRAMで3社寡占(サムスン、SKハイニックス、マイクロン)、NANDフラッシュで3連合寡占(サムスン東芝・サンディスク連合、マイクロン・インテル連合)となっており1社の割合が大きくなっているためではないかと考えられる。

地域

アメリカが11社、日本が3社、韓国が2社、オランダ、スイス、ドイツ、台湾が1社ずつ。アメリカが過半数を占めており、圧倒的な強さを誇る。半導体が弱いと言われる日本もトップ10に1社、トップ20には3社入っており、意外に健闘している。にもかかわらず弱いと言われてしまうのは、1980年代の驚異的な強さ(1989年のトップ10のうち6社が日本企業)からの凋落や、韓国、台湾などの近隣諸国で半導体産業が強いこと(韓国は主にメモリ、台湾はファウンドリ)などが挙げられそうである。

ファブレス

半導体ファブレスのイメージも強いが、実際は20社中6社のみである。当然この割合は自動車や鉄鋼などの他の製造業に比べると大きいが、ファブレスでないと生き残れない、というほどの割合ではない。ただし、垂直統合型のビジネスモデルだった企業でも、ファブライト化を進めるところ(ルネサスなど)や逆にファウンドリビジネスを開始するところ(インテルなど)もでてきており水平分業に傾きがちな産業ではある。

半導体の入門者が世界半導体ランキングについて調べてみた(1/2)

半導体集積回路の研究室に入ったので、世界半導体売上高ランキングに出てくる企業について調べた。まずは1位から10位まで。

使ったデータ

以下の記事にある2015年世界半導体売上高ランキング(暫定値)のうちトップ20の企業について各社のIR資料を軽く見た。またネット上に転がってるニュースサイトなども参照した。

techon.nikkeibp.co.jp

1位 Intel(アメリカ)

インテルが堂々の1位。首位となるのは24年連続とのこと(1992年以来)。主要事業はパソコン向けCPUだがその成長率はマイナス。現在成長のドライバーとなっているのはデータセンター向け、IoT向け事業と不揮発性メモリ事業(おそらくNANDフラッシュ)。携帯事業は弱い。2015年にFPGA大手のAltera社(アメリカ)を買収した。

2位 Samsung Electronics(韓国)

韓国有数の大企業、サムスンが2位。主要事業はメモリ(DRAM、NANDフラッシュ)。システムLSI事業も行なっている。携帯事業で強いらしい。自社開発のスマートフォンにも自社開発の半導体を用いている。

www.samsung.com

3位 SK Hynix(韓国)

またも韓国企業。主要事業はメモリ(DRAM、NANDフラッシュ)。IR資料を見ればわかるが売上のほとんどがDRAM事業。

https://www.skhynix.com/jpa/ir/irOverview.jsp

4位 Qualcomm(アメリカ)

スマホ向けSoC、Snapdragonで有名なQualcommが4位。CDMA(3G通信規格の1つ)用通信チップを事実上独占している。工場を持たないファブレスメーカー。2014年まで好調だったが、サムスンが通信チップを自社開発してしまったため、売上が急落する。2015年7月にリストラ策を発表。

www.qualcomm.com

techon.nikkeibp.co.jp

eetimes.jp

5位 Micron Technology(アメリカ)

メモリ大手のマイクロンが4位。会社更生法を適用したエルピーダメモリを2012年に買収したことで有名。主要事業はDRAM及びNANDフラッシュ。

http://investors.micron.com/index.cfminvestors.micron.com

6位 Texas Instruments(アメリカ)

またアメリカ企業だ…… アナログ半導体と組み込みプロセッサがメイン商品。売上の31%が産業機器、15%が自動車向け、30%が個人用電子機器向けである。

http://www.ti.com/corp/docs/investor_relations/index.html

7位 NXP(オランダ)

やっとアメリカと韓国以外の企業が出てきたぞ…… 元々はフィリップスの半導体部門。2015年にFreescale社(アメリカ)を買収することによって7位に浮上した。自動車とセキュリティ関連(産業向け?)に注力しているっぽい?

investors.nxp.com

8位 東芝(日本)

ここでようやく日本企業の登場。主力事業はNANDフラッシュ。システムLSIも行なっているが、それほど強くない。上位10社の中で(おそらく)唯一重電部門(社会インフラや発電所など)を持っている企業。

www.toshiba.co.jp

9位 Broadcom(アメリカ)

9位はまたアメリカ企業。有線、無線問わずして通信チップを設計しているらしい。ファブレス。10位のAvago Technologiesに2016年に買収され、新生Broadcomとなった。

Investor Center | Broadcom

10位 Avago Technologies(アメリカ)

10位はAvago Technologies。Broadcomを買収して新生Broadcomとなったので、IR情報がほとんど残っておらずよく分からない。残念。「Avago社はサーバー向けの高速ASIC、スマホ向けのアナログASSPといった戦略商品が好調」と下の記事にはある。

techon.nikkeibp.co.jp

軽いまとめ

地域でいうとアメリカと韓国が強い。

製品ではロジック系(インテルクアルコム)、メモリ(サムスン、SKハイニックス、マイクロン、東芝)と通信系(クアルコム、ブロードコム)に大別できそう。ノイマン型コンピュータだしCPUとメモリと通信に大別出来るのは当たり前か。

事業領域はPC向け(インテル、メモリ各社)、携帯向け(クアルコム、メモリ各社)、サーバー向け(インテル、ブロードコム、メモリ各社)、産業・自動車(テキサス・インスツルメンツ、NXP)に分けられそう。

メモリ、規模大きいなあ……

11位から20位まではこちら。

nakachan.hatenablog.jp

マイナス金利付き量的・質的金融緩和の説明スライドを作成した

東大電気系で春休みに行われている自主的な勉強会で、今話題のマイナス金利付き量的・質的金融緩和について説明したので、その際に作成した発表用スライドをアップロードします。

理系が理系のために作ったスライドですので、経済についてそこまで詳しくなくとも分かるようになっているはずです。

目次は下のようになっており、基礎の基礎である日銀の役割の話から現在進行形の金融政策であるマイナス金利政策までを扱っています。中身はかなり多いですが、現在の金融政策に関して突っ込んだところまで理解できるようになるはずです。

f:id:nakachan94:20160219172113p:plain

もし経済などに興味があったらぜひご覧ください。

東大電気系(eeic)の人気の変遷をたどる

この記事はeeicアドベントカレンダーの2日目の記事です。ただしこのアドベントカレンダーは12/3から開始したので、後から12/2の枠を埋めるものとして12/11に公表しています。

(注意)

やたらと長いので、結論を先に読みたい方は「まとめ」からどうぞ。

(追記)

2015-12-11-18:15

図を一部修正しました。

目的

eeic(東京大学電気電子工学科・電子情報工学科)の志望者数・志望倍率・進振り点などをさかのぼることによってeeicに対する学生の人気や社会からのニーズの変遷をたどります。

背景・用語説明

eeicとは

eeicとは東京大学電気電子工学科・電子情報工学科の愛称です。英語の"Department of Electrical and Electronic Engineering"(電気電子工学科)と"Department of Information and Communication Engineering"(電子情報工学科)の頭文字に由来しています。この2つの学科はまとめて電気系と呼ばれることも多いです。

この記事ではeeicの前身である電気工学科や電子工学科、工部大学校電信科などや、直接の前身ではないものの工学部と深い関係を持っていた第二工学部電気工学科も含めてeeicと呼ぶことにします。

eeicの歴史

f:id:nakachan94:20151211181436p:plain

eeicの原点は1871年に設立された工部省工部寮電信科です。工部寮とは当時殖産興業を担っていた工部省が技術者を育成するために設立した教育施設です。その後1877年に工部寮は工部大学校に改名し、1884年には電信科が電気工学科へと名称変更を変更します。

工部省が1885年に廃止されたことから、工部大学校も当時の文部省管轄の東京大学と合併することとなり、1886年には帝国大学が設立されます。工部大学校電気工学科は帝国大学工科大学電気工学科になりました(当時の工科大学は現在の工学部に相当する)。

時は昭和に移り、1941年に太平洋戦争が開戦すると技術者の育成が急務となったことから1942年に第二工学部が設立され、その一部として第二工学部電気工学科が設置されます。ですが、終戦後の1950年には入試を停止し、1951年に廃止されます。

その後、電気に関する研究が通信、電子、情報分野へと拡大していったことから、1958年に電子工学科が、1991年には電子情報工学科が新設されます。2009年に電子工学科と電気工学科を統合して電気電子工学科が設立され現在に至っています。

学制について

f:id:nakachan94:20151211175042p:plain

戦前の大学は3年制で、専門課程しかありませんでした。毎年3月に入試が行われ、4月に入学します。

戦後に学制改革が行われ、旧制高校(旧第一高等学校)と旧制大学(旧東京帝国大学)が統合され新制大学(現東京大学)が設立し、最初の2年間に教養学部で学んだ後、次の2年間で専門課程を学ぶという現在の形になりました。 どの専門課程に進むかを決定するのが進学振り分けです。進学振り分けは2年生の8月から10月の間に行われます。

手法

調べる指標

以上の指標を調べます。

卒業者数、進振り定員は学科の規模をはかるのに用います。

志望者数は学生からの人気をはかるのに用います。また東京帝国大学の合格者数や進振りの定員と組み合わせることによって志望倍率を算出することが可能です。

また進振り底点も調べます。進振り底点とは東京大学で毎年行われている進学振り分け(詳しくはこちらを参照)で学科に進学するのに必要な点数です。 進振り点と学生からの人気はある程度連動すると考えられています。

進振り底点は学生から親しまれていますが、進振り底点のデータは1970年代以降のものしか残されていないこと、進学振り分けの制度は数年に一度変更されており進振り点を単純に比較することは困難であることから、今回は参考資料として用います。

結果

はじめにeeicの人数的規模の推移を確認したあとに志望者数の変遷をみます。

卒業者数、定員推移

f:id:nakachan94:20151207022903p:plain

上に示すのが年度別の卒業者数と進振りの定員です。卒業者数は1年度前(旧制大学では2年度前)の進学者数とほぼ等しいことから、卒業者数は旧制大学(3年制)で2年度、新制大学(専門課程2年制)で1年度前にずらして表示する(例:1900年度卒業者数は1898年度に、1970年度卒業者数は1969年度にプロット)ことで、各年度の進学者を推定しています。

卒業者数や定員は第二次大戦や電子工学科、電子情報工学科設置によって大きく伸びていることが分かります。

志望者数、志望倍率、進振り点推移

f:id:nakachan94:20151207040537p:plain f:id:nakachan94:20151207040547p:plain

戦前の志望倍率は2倍から3倍程度です。ただ工学部全体の倍率もこの程度なので、電気工学科が特別人気というわけではありません。

戦後、電気工学科・電子工学科の志望倍率は1倍超えをキープし、1979年度進振りにおいては志望者数167人、志望倍率1.96倍をマークします。その後志望者数はある程度落ち着くものの1990年代にはまた増加し、1999年度進振りでは志望者数が190人に達します。

しかし、2000年代に入ると志望者数が急激に減少し、志望倍率が1.0を切るのが常態化します。2011年度進振りでは志望者数が70人と、最も多かった時の4割以下に減少します。

その後、志望者数は回復し、2014年度進振りから2016年度進振りにかけては志望倍率が1.0倍を超えています。

f:id:nakachan94:20151207040600p:plain

1990年代には基本的に底がつき、進振り点は60点から70点程度で推移しています。2000年代ではほぼ全ての年で底割れが起きていますが、2010年代に入ってからは2012年度から2016年度にかけて5年連続で底割れを回避しています。

考察

以上のデータを元にeeicの歴史を以下の時代に区分することを試みます。

超超エリート時代(1877-1893)

この時代のeeic卒業者は年間数人に限られており、この期間を通算しても45人の卒業生しかいません。 さらに、当時大学は帝国大学以外には存在しなかったことを考慮すると、この時代のeeic卒業生は大学で電気工学を学んだ極めて稀有な存在であり、文字通り日本をリードする超超エリートです。

工学部の平凡?学科時代(1894-1938)

明治・大正の人気はわかりませんが、昭和の戦前期において人気学科は航空学科や機械工学科であり、電気工学科は必ずしも人気学科ではありません。倍率は2倍を超えているものの、それは帝国大学の工学部だからであり、電気工学科が特に人気ではありませんでした。

戦時体制と戦後の混乱期(1939-1952)

1937年に日中戦争が始まると、技術者育成の機運が高まり1939年、1940年には工学部の臨時増員が、1942年には第二工学部の設置が行われ、電気工学科の定員がほぼ倍に増加します。終戦後は学制の改正により旧制高校卒業生と新制高校卒業生が入り交じるなど混乱しながらも進学振り分けなどの新しい制度も導入されました。

また戦中には電気工学科内で従来の電力分野に重点の置かれた体制から変化し通信工学の補強が行われました。

電子工学の隆盛(1953-1980)

1950年代以降はトランジスタ集積回路の発明によって電子工学という分野が開拓されます。電気系でも1958年に電子工学科が新設され、定員がほぼ倍になりました。志望者数は倍以上になり1979年度進振りでは志望倍率1.96倍をマークします。当時の電子工学の人気がうかがえます。

情報工学の発展とITバブル(1981-2000)

1980年代に入ると志望者数の増加は沈静化します。しかし1980年代後半から電気系に情報工学という新たな波が到来します。1991年の電子情報工学科の新設に伴い定員は5割近く増加します。また志望者数も増加し1999年度進振りでは190人に達します。現在では1990年代はITバブルの時代として知られていますが、電気系でもITバブルが起きたようです。

電気系の(学生からの人気が)暗黒時代(2001-2011)

ITバブル崩壊以後、電気系の志望者は急激に減少します。しかし、社会や国からのニーズが著しく減少したわけではないらしく、定員も急激に減ったわけではありませんでした。このような学生と社会のミスマッチが顕在化したことに対して教員陣も大変苦しんだらしく、このような記事が残っています。

business.nikkeibp.co.jp

また中にいる学生もあまりに人気が無さすぎるということでどうすれば人気が上がるのかという議論も起こっていました。

togetter.com

人気回復期(2012-)

2009年に電気工学科と電子工学科を統合して電気電子工学科を設立し、また五月祭において学生主体での展示に力を入れるなどの努力の結果、2012年以降、志望者数は回復し底割れを回避しています。

まとめ

  • 戦後、20世紀の間、電気系学科は電子工学、情報工学の追い風にのって常に人気学科でした
  • しかし、21世紀に入ってから急激に志望者が減り、底割れが常態化していました
  • 2012年以降志望者数は増えており久々に底割れを回避しています

ここまで長々とeeicの歴史について探ってきましたが、いかがでしたでしょうか。

このように歴史の長いeeicですが、頭のかたい保守的な学科ではなく、毎年のように新しいことが行われています。授業も様々な分野にわたって興味深い講義が展開されています。学生もユニークで面白い人ばかりです。eeicアドベントカレンダーではその一端が伺えると思いますので、興味をもったら #進振りはeeicへ 。

参考資料

志望者数や志望倍率の集計には年代ごとに以下の5つの資料を利用しました。これらの文献・サイトを編集された方々、および収集・保存・公開を行なった図書館の方々に感謝申し上げます。

明治から昭和(1970年代まで)

東京大学百年史に記載されている学科別卒業者数から年度ごとの卒業者数

東京大学百年史 | 東京大学

東京大学百年史は、1970年代までの東京大学の歴史や統計資料が詳しく載っており、東京大学の歴史を調べたい方には必見の資料です。

昭和(戦前)

帝国大学新聞の高校別東大入学者数から年度ごとの志望者数と入学者数

帝國大學新聞 (帝國大学新聞社): 1920|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

戦前の資料としては1920年創刊の帝国大学新聞を利用しました。昭和初めから昭和16年まで、毎年入試結果発表後に高校別入学者数を集計し発表していました(今と考えてることが変わらない…)。戦況が悪化し紙面が少なくなった影響からか昭和17年以降は発表されなくなりました。

昭和・平成初期(戦後、1951-1990)

教養学部報の進学振り分け第一次集計から年度ごとの志望者数と定員

教養学部報 - 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部

現在は進学情報センターニュースに掲載されている進振り志望集計ですが、1951年から1990年までは教養学部報に掲載されていました。

平成(1991-)

東京大学新聞の進振り特集から年度ごとの第一次集計段階の志望者数、定員、進振り

www.todaishimbun.org

現在では毎年充実の進振り情報を提供してくださる東京大学新聞ですが、進振り特集が充実しはじめたのは1970年代以降でした。1990年代には今とほぼ同様のフォーマットになりました。

平成(2008-)

UTaisaku-Webより進振り

進学振分けとは? - 東大進振り情報サイト UTaisaku-Web

ネット上で最も充実した進振り情報が載っているのはこのサイトです。

ブログをはじめることにした

ブログを始めてみました。

 

ブログをする主な理由は

  1. 大学の授業の1つとして電子工作を最近始めたので、その記録を残したい
  2. 書評を残して読書をより効果的にしたい
  3. その他調べたことを共有したい

です。

 

少し意識の高いことを書いていますが、まずは少しずつでも続けようと思います。

 

よろしくお願いします。